2009/11/23

Toyota

連休は豊田の岩場へ。

目当ての琥珀という課題はまさかの水没・・
激しい水流とともに己のモチベーションも流されかけこのまま帰ろうかとさえ思った。

今や業火の如きモチベーションは空前の灯火と化してしまったので気分転換に大給城址へ。
ここでは大した成果はなかったものの素敵な出会いが。
ドラムの実力八段の羽野さんという方。
とても気さくな方で即打ち解け、流れで連絡先も交換(笑)
ただ登るのもいいけど、こういった"人"との出会いが岩旅をより一層濃いものにしてくれる。
自分もクライマーである以前に人間なんだなあと思う。

二日目。

赤い天狗という、噂では頭痛よりも難しいというスラブ課題へ。
中間部が突破できん・・頭痛と違って点乗り系だな。

そしてここでも面白い出会いが。
原付にマットという独特のスタイルの方。
500kmの距離を来たといったらとても驚かれた。
こんな岩場が近いのには本当にうらやましい。

最後に川のエリアを案内していただいて終了。
そのまま新潟に帰った。

にしても豊田の岩場は周辺の住民の方達ともいい関係が保たれている様で登っていても居心地の良い岩場だった。
何でもシークレットエリアにして外部を寄せ付けず閉鎖的に登るのは簡単。
だけど、そんな排他的なものに未来はあるのだろうか。
豊田の様に歴史の長い岩場でもこうやって良い関係が築けているのはローカルの方たちの絶え間ぬ努力のおかげだけではなく、何か他にそれを支えている大きなものを感じた。

外部から来た人間でも大切に登って、後世に引き継いでいってほしいと思える岩場。
また一つ好きなエリアが増えた。

0 件のコメント:

コメントを投稿