2009/11/10

Rampage



〜土〜
K”さんと小川山。まずはビクター。
ここにはかのシャルマ神が設定したというRampageという課題がある。
今日のお目当てはそれ。
前回tryした時に何となく登れそうな気がしてた。
案の定、何度かマントル返せず落ちた後、K”さんの鋭いナビにより良いスタンスに乗れそのまま登ることができた。
マントルでの岩に体をフィットさせる感覚はなかなか類がなく、見た目、内容とも秀逸。
しかし保持よりも絶妙なバランスがキーとなるためなのか登れてしまうと意外にアッサリ。

次にバルカン。
K”さんがtryするので自分は撮影。
もちろんこの課題の唯一の汚点であるファッキンポケッツはフルシカトで。
そしてK”さんも数回で完登。例のごとく左前腕に男の勲章ができていた。

そして再会、ヘブンズゲート。
この課題は前回登れたのだが、実は納得がいってなかった。
その理由は前回は「マットを使って登った」ということ。
内心、この課題は初登者と同じスタイル(マット無し)で登ってこそ完登と言えるものだと思っていた。
初登者と同じスタイルで登ってみてこの課題がどう見えるのか。それが知りたかった。

実際、登る前は激しく緊張していた。
ただ難しいだけの課題を登る前とは違う緊張感。
さらに前回登った時にマントルの体制に入ってしまうとクライムダウンはできないということを知っていた事が余計にプレッシャーとなった。

しかし登り始めてしまうとさっきまで緊張していた体が嘘のように自然と体が動き、いつの間にかマントルを返し、岩の上に立っていた。
こうしてようやくこの課題を完登することができた。
なんだか自分が探していた答えの一片を垣間見ることができた気がした。

日、月につづく...

0 件のコメント:

コメントを投稿