2012/10/28

ラメントとP

最近はめっきりフクベ。
山の葉は色付いて、気持ち良い季節がやってきました。
シーズン開幕戦はラメント(三/四)
肩爆死するとか、不可能系とか悪いイメージしか無かったけど、核心がギャストンと聞いてすっ飛んでった。

でまあ、前半ギャスの部分は予想通り得意系。
ただ、そこよりも上部のデット&フックの方が悪く苦戦。
結局、登るまで2日間費やしたけどボルダーらしい良い課題でした。

次は例のPかダマスカス。
マニアックなとこを攻めてくつもり。

2012/10/01

岩のてっぺんを目指して

いよいよシーズイン、更新開始です。

先週の土曜はフクベへ。
クライミングの調子はまずまずで、門(3/4段?)が30分くらいで登れた。見た目とは裏腹にバランス系で面白い。


しかし本命は幻の門の直上P
実は先々週くらいからひたすら攻めている。
圧倒的な岩の存在感と高度感により、もう完全に虜。
先週は核心の中間部サイドガバ取りもできて「もらった!」と思いきや寄せがもっと悪いことを悟り敗退を決め込んだ...でもシーズンにやればできるかな。
残りはダマスカスヤゴのムーブをバラして終了。
そして最後は京大ウォールでクールダウン、、といいつつPを数本作成。
結局この日は12時間くらい登った。


社会人になってちょうど半年。
最近、やっとクライミングの感覚と調子が戻りつつある。
ついこの間まではなかなか登る時間がとれずフラストレーションばかりが溜まる一方だったけど、それも全て24Hオープンの京大ウォールのおかげだ。
この流れで関西の難課題たちを落としていきたい。

でも今は本当にクライミングが出来ることが嬉しく、幸せです。感謝。