2014/03/20

ここ最近

引っ越しも落ち着いたので久々の更新。
トルコツアーから帰ってきてからは今後を見据えて”限られた時間の中で登りたい岩を登るためには”という視点でトレーニング、生活面などなど色々と見直していました。

まずは代表合宿の参加とBJC参戦。
実はBJCみたいな大きな公式大会の参加は初めて。
出場した史実を抹消したいレベルの成績だったけど参戦してみて色々と勉強になりました。
限られた時間の中でのトライは雨の中登れず悔しい思いをしたトルコツアーと何となく重なったりして。
今まではジムトレというと半年プロジェクトとかを攻めるばかりだったけど、本数をこなす持久トレも必要だと今更ながら実感。
ともあれ、次回のBJCに向けてちょっとトレーニングの内容を変更し始めてみました。

そしてトレーニング内容の変更でさっそく成果が出たのか御岳や塩原の連登でも3段、4段が短時間で登れてるのでいい感じ。
自分の中ではコンペのためのトレーニングと岩のためのトレーニングは相容れないものと思っていたけどそうでもないのかな〜
事実、海外のトップクライマー達はコンペと岩の両立を成し遂げているわけだし。
今後も色々なジャンルのクライミングを経験して自分の求めるクライミングに昇華していきたいな。

0 件のコメント:

コメントを投稿