2015/09/14

モアイフェース 13日目

いよいよモアイフェース1ピッチ目のレッドポイントトライ。
まだまだムーブやプロテクションへの不安は多く、トップロープでの試登は一度のみ。
いささか時期早々な気もするし、トップロープでムーブを固めまくってトライすれば確かにリスクは減らせる。
がしかしどうしても刺激あるクライミングを求めてしまうようだ。

1トライ目。
トラバース入り口でフォール。
さすがにアップ無しの1トライ目では動きがぎこちなかった。
ランナウト手前で固め取ったX4#0.5とマスターカムはバッチリなようだ。

2トライ目。
時折雨が降るが壁は前傾していて濡れにくいのでむしろこれくらいの方が風も吹き調子良く、9月とは思えないほどのコンディションだった。
ほぼノーダメージで下部のクラックをこなし穴ガバへ。
肝となるプロテクションセットもスムーズだ。
核心のガストンパートを突破し、吠え続けながらトラバースを超える。
もう少しでランジ手前のガバフレークだ。
1手進めるごとに完登に近づいていく、と同時に恐怖感も増していく。
もう戻れない。
クライムダウンパートで落ちたと思ったがギリギリのバランスで耐えていた。
すでにランナウト最頂点だ。
がしかしパンプしてホールドの感覚が無い。
ヤバイ!落ちられない!と目の前に見えるガバフレークに咄嗟に手を出したが次の瞬間、身体は宙を舞いスラブ面に叩きつけられていた。

10mの墜落でしたがとりあえず大事には至らず踵のヒビ割れで済みました。 → 再診の結果、打撲で済んでました。
たまたま撮っていた動画を見返したらまるでHard Gridのワンシーンのようだった…




全ては自分が招いた結果であるがクライミングの厳しさを身を以って再確認することとなった日だった。
しかしこれこそずっとやりたかったクライミングであるのも事実。
怪我のショックは大きいけれど退屈なクライミングを続けてるよりも遥かにマシだ。
でもヘルメットはちゃんと被ろう...


               ↓フリーフォールシーン

0 件のコメント:

コメントを投稿