2016/01/28

初登攀行


昨年、ある先輩クライマーの方に紹介して頂いた一冊。
日本で初めてボルトが使用された登攀の記録と当時の激しい初登攀行を描いた山岳書です。
文中の一節を引き出しても、その登攀の生々しさが痛いほど伝わる内容でした。
あまりに感銘を受け過ぎてしまったのでその一節を紹介しようと思います。

「ザイルやハーケンは、積極的に登るためのものであって滑落の危険を防止するものとは考えられなかった。」

「思考よりも意欲に賭けよう、と僕は思った。肉体が欲するままに、数時間後にひかえている登攀に没頭しようと思った。」

「激増する登山人口に対する管理や指導は、山岳連盟等々、組織活動の問題であろう。しかし、より困難を求めようとする登山の在り方は、アルピニズムの本質に基づく問題であり、アルピニスト一人一人が解いていかなければいけない問題だ。」

「初登ルートには、登攀者が、自分自身に対する全くの誠実さで、自分を裸にし、困難に直面する冒険があるはずである。」

40年ほど前に発行された書物ですが今の自分のクライミング観を顧みるには十分すぎる内容でした。

2016/01/19

スライドショー

大阪クラックスさんにお声掛けしてもらい、千日の瑠璃のスライドショーを催して頂くことになりました。
※クラックス大阪店さんのFaceBookページより
週末土日、祝日に毎週岩場へ通ったとすると10年という期間はトータル1000日以上岩場に行っていることになります。
題目の「千日登攀」というのは千日の瑠璃を初登した10年目の節目になぞらえ題しました。

まだまだ人間的にもクライマーとしても未熟だし、スライドショーで大層なことが話せる自信も無いというのが正直なところです。
しかしクライマーが集まってコミュニケーションが生まれれば互いのクライミングを刺激し合えるし、文化自体も良い方向に進むと思います。
スライドショーでは開拓の風景や各ピッチの詳細など、ロクスノでは掲載しきれなかったB面側を話せればと思っていますが、このスライドショーがそんなコミュニケーションの場にもなればとも思います。
そして今回、クリーンクライミングの啓蒙活動にもつながればと思い、実質の参加費無料となるような設定にして頂いています。
ジムで登った後に、岩場の帰りにでも、なんてゆるい感じでお気軽にお越しいただけると嬉しいです。

また今回のスライドショー以外にも、お名前を並ばせて頂いているのが恐縮なくらい著名な方々の講演会等が催されるようなのでそちらもチェックしてみてください。
http://yukiyama.co.jp/mountain/2016/01/seminar.php (雪山大好きっこさんより)

2016/01/15

2016年始ツアー

スカイラインのプロジェクト

先週まで年始のお休みを少し延長させてもらい、開拓中という九州の大岩壁へクライミングツアーに行ってきました。

道中、滋賀の桐生辻という岩場に寄り、クラックのクの字も知らなかった3年前にトライして全く歯が立たなかった「雄鹿が鳴くと雨ずらよ」(5.12a)というクラックの課題でツアーの幕が明けました。
アプローチ含め2時間というタイムリミットの中、ノーマット、ノースポット、グランドアップという理想のスタイルでこの課題を登れ、大きな成長を感じることが出来ました。
この課題は上部で落ちるとその先は崖になっているのでかなり集中した良いトライができ、最高の登り初めにもなりました。


さて、本題の九州ですが大崩山のやかん岩という岩壁にあるヘッドウォールプロジェクトをひたすら攻め続けました。
今回は力及ばず、スカイラインを駆け抜けることは出来ませんでしたが、モチベーションを駆り立てられるワールドクラスの岩壁群を拝めたことと、開拓クライマーの方たちの情熱の片鱗に触れることができたのは大収穫で、まだまだ自分も頑張らねばと思える良いツアーでした。
ちなみにこのプロジェクトですがかなり難しかったです。
ホールド全てがシビアでいつでもどこでも落ちれるムーブの連続…小川山の伴奏者を垂壁の傾斜で登るイメージでしょうか。

あのスカイラインを駆け抜けたい。

また戻ってきます。

「雄鹿が鳴くと雨ずらよ」(5.12a)


やかん岩