2016/04/26

瑠璃色の日々

2016423
千日の瑠璃 5.14aR/Xのワンデイ・ワンプッシュに成功しました。
チーム完登になりますが怪我も無く、ついにマルチピッチルートとして完成させることができました。

   "この手のクライミングはケジメが一番大切。
     ルートの開拓とルートの完登は別物だと思っています。
     個と公の違いとでも言いましょうか。"

これはある先輩クライマーから頂いた言葉ですが、自分にとってこのルートのケジメは何なのか。
各ピッチレッドポイントで終わるなら、このルートがマルチピッチルートとして在る意義はどこにあるのか。
昨年、各ピッチレッドポイントを終え、ぼんやりと構想にあったワンデイ・ワンプッシュでの完登。
7ピッチ全てを地上から順番に一日でレッドポイントしていくというこのスタイル。
既に成果的には開拓初登したのだから十分だったし、本当ならばもう二度とあんな危険なクライミングはしたくなかった。
このまま何事もなく、次のクライミングに行きたい気持ちだった。
それでも何か心にモヤモヤが残ったままで、答えの見つからない禅問答のような気持ちを抱き続けた半年間だった。

でももうこのルートに思い残すことは無くなりました。
チームレッドポイントというスタイルは個人の成果という観点からすれば足らないかもしれません。
でもそのスタイルで終えれたのも自分にとっては意義あるものでした。
ワンプッシュの厳しさ、パートナーと組むことで得られる喜び、自分の弱さ、、
モアイフェースからは本当に多くのことを学ばせてもらいました。
十一面岩正面壁のピークに立った時、感動よりも安堵感とやっと次に向かえるという気持ちになれたことが何よりの答えでした。

ソロでのワンプッシュは次世代への課題として残そうと思います。
もし何かの折に気が向くかもしれませんが現時点では心はこのルートから離れてしまいました。
ワンプッシュを終えた夜、1人静かに過ごしたツバメ返しのハングでの夜は、とても心落ち着いたものでした。

10年間。クライミングを続けてきて本当に良かった。
これから先の10年間。どうなっていくのか。
楽しみです。


1P目、ハング越えの核心を抜けて。
右面、ビチャビチャです...

2P目、大ランジ手前の大レスト。
ここにも微妙に染み出しが...
3P目、第一核心。
3P目、第二核心のデッドランジ。
ここで落ちるとかなりやばいです。
4P目、20mランナウトの途中。大面岩からたまたま知り合いが撮ってくれました。
ロープが屈曲している二箇所のポイントがプロテクションですがこの後は頂点までノープロです。
十一面岩正面壁ピークにて

1P 5.12 R 佐藤
2P 5.13c R 佐藤
3P 5.14a R 倉上
4P 5.13d R/X 倉上
5P 佐藤 
6P 倉上
7P 倉上

最後に、32日間にも及ぶ黒部横断から帰ってきて短期間のうちに極限の状態で今回の成功を導いてくれた佐藤さん、プライベートにも関わらず足繁く映像として今回の登攀を残してくれた萩原さん。
お二人には本当に大感謝です。

0 件のコメント:

コメントを投稿