2016/05/18

ボールドクライム in イクストランの旅

先週はO西さんとイクストランの旅(5.13a/8ピッチ)
実はGW後半の初日にトライしていたのですがレスト中に風に煽られて落ちてしまうほどの暴風というあまりの悪状況により敗退していたのです。

途中、フリーウェイに合流してしまったのでオリジナルラインとは4、5P目分が逸れてしまっていますが核心ピッチは辿っているしリード&フォロー完登の完全なスタイルで登れているのでまあ自己消化です。

ただ実は今回、カムを忘れてしまい図らずもボールドスタイルに…
写真が全てを物語ってくれているので説明は省きますがギアのありがたみを真に感じた週末でした。
5.10cといえどプロテクションの無い状況で先の見えないクラックに突っ込んでいくのは肝が冷えます。
こういうクライミングをするとクライミングのグレードって、特にボルダーとトラッドはやっぱりスタイルによって感じ方が全然違ってくるなぁと思うのでした。

何にせよアドベンチャラスな週末でした。


あまりの滑りっぷりにすごい形相に...
悪名高い3P目は意地のオンサイト

4P目。ビッグナッツセット中
(フォロー時にビッグナッツは取り除いています)


現地調達のナチュラルビッグナッツ



2016/05/09

継続

GWはひたすら瑞牆の山の中を駆けずり回ってました。
マルチピッチ、段課題縛りのボルダーサーキット、Rプロジェクトの掃除、瑞牆山頂トレラン、 etc...
そして5日間休みなく山の中を駆けずり回った後の最終日6日目は太陽の登(5.12c)からのUFOキャッチャー(5.13c)の継続登攀。
レスト明けのフレッシュな時にトライすればスマートにレッドポイントできるのだろうけど、今必要なのは疲労した状態でもキッチリとこなす泥臭い精神力と体力。
指皮ボロボロ、足ガクガクだけど、とりあえず最終日にしてその目的は達成できたので締まりある連休となりました。
ちなみに身体的に一番キツイのは岩掃除の日という

新しい課題も見つかったのでこの夏も楽しみです。


new "R" project
全長30メートルほどのラインですが写真に見えるクラックはラインの真ん中で途切れ、その後はブランクセクション。
かかってこいよ、と言わんばかりの潔いブランクっぷり。
ラインから逸れた場所に過去のエイドラインで打たれたようなリングボルトがありますが、残置はオブジェの精神でこれはトラッドルートとして完成させるしかないでしょう。