2016/06/20

SPARK

SPARK    5.13b / R
梅雨の晴れ間の最高のコンディションの中、瑞牆十一面正面壁のトラッドプロジェクト登れました。
ルート名は、”SPARK”  5.13b /R  (30m)  run out 6-7m
ランナウト部の核心がマイクロカチを持ちながらのデッドムーブ主体の非常にボルダリーなルートです。

壁は十一面正面壁/白くまのコルから少し下ったところにあります。
十一面正面壁にあってフリールートとして手をつけられていなかったのが不思議なくらいですが、それもそのはず、壁の前に立って見て初めてクラックが認識できるというブラインドっぷり。
モアイフェースと山河微笑あたりからなんとか上部が見える感じでしょうか。
自身もモアイフェースにぶら下がっていた頃から目を付けてはいたのですが、中々トライする踏ん切りがつかずでした。
アクセスは白くまのコルへのアプローチ道を登っていく途中、左に逸れて小さなコルを跨いで下っていくとあります。

ルートの内容ですが前半が5.10-ほどのクラックで、その後クラックが閉じたら右のカンテを登ります。
このカンテが核心で、ムーブ的には2段ほどのボルダームーブ。
メリハリのはっきりした構成のシングルピッチルートです。
ちなみに過去に打たれた錆びかけたリングボルトラダーが2本だけありますが、残置はオブジェの精神で使いません。というかそもそもラインから外れた場所にあるので使うと不自然。
カンテを直登していくと岩頭に立てるので最後は立木にスリングをかけて終了点に。
オールノンボルトの爽快なルートです。
プロテクションセットも難しくはないので是非ボルダラーにもやってみてほしい一本です。

そしてこの手のルートは正直グレーディングがさっぱりなんですが、とりあえず瑞牆のシングルピッチルート(Freedom 5.13a、LOL5.13a、UFO catcher5.13c など)と比較してグレードは提唱しました。
ちなみに初登スタイルは掃除・ムーブ出しはフィックスロープで行い、一度だけトップロープトライ(もちろん未登のまま)して、リードトライを行っています。
核心手前で大レストできるので、もはやボルダーグレードの方がわかりやすいかもですが...
いずれにせよ、脳内スパーク連続の恐ろしいルートでした。刺激が欲しい方は是非。


その後はパートナーの目的、小ヤスリへ。

と、そこでちょっと遊んでみました。
最も有名なクライミング写真の一つをもじった、「Alone on the Mizugaki」です。
ちょっと腰が引けてますが笑



去年からのトラッド慣れでカチコチムーブに身体が馴染んでしまったので、これから梅雨が明けるまでのしばらくはボルダートレーニングと次のPの掃除に明け暮れようと思います。