2016/11/23

Alpinist Magazine 56 and 9th Golden Climbing Shoe Awards,


My and our article, story of A Thouthand Days of Lapis Lazuli, has been published in the current number of Alpinist Magazine, 56. 
And thankfully, I was given 9th Golden Climbing Shoe Awards, as part of 11th Piolets d’Or Asia Awards.

I'm so much thankful to Katsutaka known as "Jumbo" for suggesting to write the articles, to Satoru for taking the photo, to  Naoko for supporting to write in English, to Alpinist staff, especially editor-in-chief Katie and Paula, for giving this opportunities, and to my elder climbers for advising anytime anything…

By spreading the information about individual society and culture, I hope that people will be interested in and known it. 
As a result, some intercultural exchanges will be born, and then, each culture will be developed gradually. 
I think those way is wonderful, and it is my motivation to write kind of articles.
I wish this article helps well such as it.


少し前のことになりますが瑞牆山で初登した千日の瑠璃に関する記事が、Alpinist56に掲載されました。
また、先日韓国で開かれたピオレドール・アジアにおいてGolden Climbing Shoe Awardsなるものを頂きました。
壁の中にいたので授賞式には参加できなかったのですが、どんな形にせよ自分のクライミングが評価されるのは素直に嬉しいものです。

Alpinistの記事にはルート開拓のストーリーを軸に、瑞牆山の地理的・歴史的景観のことや日本におけるフリークライミング発展の歴史など盛り込み、海外クライマーの人たちに少しでも瑞牆の魅力と史実を伝えられるよう努めました。
海外誌なので記事は全て英字ですが毎号のことながらAlpinist誌は写真のクオリティも素晴らしく、眺めるだけでも十分楽しめる登山誌だと思います。
Alpinistってなに?という方にも是非手にとってみて頂きたい一冊です。日本の輸入代理店が勤め先のロストアローというのも感慨深い。

今回、記事を執筆するにあたり改めて発信することの意義と重みを実感しました。
三ヶ月に及んだ文献調査と執筆作業には何度か心折れそうになりましたが(モアイ開拓の時のそれよりも多かったかもしれません)、それでも沢山の方のサポートのお陰で形にすることができました。
特に今回、執筆の話を持ち上げてくれた横山ジャンボさん、写真提供で大いにサポート頂いた萩原巨匠とPUMP内藤さん、自身の拙い英語力をカバーしてくれた直ちゃん。そして、唐突なFact Checkingの依頼にも快く応対して頂いた諸先輩クライマーの皆さんと、このような機会を与えてくれたAlpinist誌には感謝しきれません。
発信することによって個々のクライミングシーンに興味を持つ人が一人でも増え、異文化の交流が生まれる。
互いの思想の違いや歴史の違いからの衝突も生まれるだろうけど、そんな文化発展のあり方が素敵だと思うし、その先にあるものはきっと素晴らしいものだと思う。

今回の記事もそんな文化形成の一助になれば良いなと思います。

2016/11/12

1 month tour of Yosemite

The Nose of ElCapitan is the skyline in the photo
Our 1 month tour of Yosemite has finished.
But our work, trying The Nose on free, has not finished...
During this tour, we spent 19 days on the wall, and 10 days raining...


5.12 traverse under the "Stove Leg" 

Ledge of under camp6

So cold rainy day...we slept on the camp5 under raining.
Nevertheless, I have no regrets. 
Because we always kept mind to try on ground up style at ascending in the route and l was realized many important things from the big wall. 
And we could stand on the summit twice in ElCap include aid climbing.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


And so, I enjoyed bouldering in this tour only 2days (totally about 5hours). 
I climbed classic crags in Camp4 area: Midnight Lightning、Bacher Cracker、King Cobra、The Force. 
And I'm happy to be able to climb without crash pad on The Force. 
I noticed again I like any climbing any styles. 



Without crash pad on The Force. 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Finally, I’ve got a lot to thank friends for.
We were supported many people.
At first, I was supported some gear from some company in below.

 LostArrow inc. (BlackDiamond, SCARPA, Beal and more)
 Tokyo powder Industries (chalk)

And almost we stayed in Camp6 on the wall, and we saw over 15 parties off. 
They encouraged us and give me some food. 
I owe it to them that I was able to lead a full life in this tour. 
Many thanks again!!
We will be back here next year!


Meet on the wall.



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1ヶ月間のヨセミテツアーが終わりました。
 期間中10日間が雨という条件の中、GoUp2回、壁の中には計19日間滞在という(個人的には)怒涛の日々でした。
ツアーのほぼ全てをElCapitan / The Noseのフリートライに費やしましたが核心ピッチのChanging CornerとGreat Roofは登れず。結果は敗退です。
ロープワーク、タクティクス、生活力、空腹の日々、、初めてのビッグウォールは何から何まで至らないことばかりで登り超えられない壁を目の前にして自身の未熟さを痛烈に思い知らされました。

それでもElCapの頂上には2回立てたので(一応エイド混じりでは2回完登)できたのと、グランドアップを貫き通したトライ、そして全力を出し切った日々に後悔はありません。
今の自分の実力でやれることは全てやりきった日々を思い返すと清々しさすらあります。
そしてまだまだイケる、その感覚が微かでも残っている限り1年間鍛え直してまた戻ってきます。


また、今回のヨセミテツアーでは合間を縫って少し(2日間ほど)ボルダリングも楽しみました。

Midnight Lightning、Bacher Cracker、King Cobra、The ForceとCamp4エリアのクラシックを抑えられたのでボルダラーとしての威厳?はキープ。
現地で知り合ったU田さん夫妻のアツイ最終日トライが見れたり、現地のクライマーの知り合いも増えたり、ノーマットが実践出来たり。
やはりボルダーも自身のクライミングエッセンスの大切な一部だと感じました。


最後に、長期の休みを頂ける環境と応援してくれる人がいること、壁の中で激励してくれた(食料も分けてくれた!)友人たち、そして何より未熟な自分を引っ張ってくれたパートナーの裕介さんには大感謝です。

そして、今回のツアーも含めてここ数年で知ったクライミングは本当に素晴らしいものだったし、クライミングの奥深さを知りました。

このクライミングを通じて得られる感動をもっと多くの人に、特に若いクライマーに知ってほしいと思いました。
そんなことを思いながらまた日本でも活動していけたらなと思います。