2016/11/23

Alpinist Magazine 56 and 9th Golden Climbing Shoe Awards,


My and our article, story of A Thouthand Days of Lapis Lazuli, has been published in the current number of Alpinist Magazine, 56. 
And thankfully, I was given 9th Golden Climbing Shoe Awards, as part of 11th Piolets d’Or Asia Awards.

I'm so much thankful to Katsutaka known as "Jumbo" for suggesting to write the articles, to Satoru for taking the photo, to  Naoko for supporting to write in English, to Alpinist staff, especially editor-in-chief Katie and Paula, for giving this opportunities, and to my elder climbers for advising anytime anything…

By spreading the information about individual society and culture, I hope that people will be interested in and known it. 
As a result, some intercultural exchanges will be born, and then, each culture will be developed gradually. 
I think those way is wonderful, and it is my motivation to write kind of articles.
I wish this article helps well such as it.


少し前のことになりますが瑞牆山で初登した千日の瑠璃に関する記事が、Alpinist56に掲載されました。
また、先日韓国で開かれたピオレドール・アジアにおいてGolden Climbing Shoe Awardsなるものを頂きました。
壁の中にいたので授賞式には参加できなかったのですが、どんな形にせよ自分のクライミングが評価されるのは素直に嬉しいものです。

Alpinistの記事にはルート開拓のストーリーを軸に、瑞牆山の地理的・歴史的景観のことや日本におけるフリークライミング発展の歴史など盛り込み、海外クライマーの人たちに少しでも瑞牆の魅力と史実を伝えられるよう努めました。
海外誌なので記事は全て英字ですが毎号のことながらAlpinist誌は写真のクオリティも素晴らしく、眺めるだけでも十分楽しめる登山誌だと思います。
Alpinistってなに?という方にも是非手にとってみて頂きたい一冊です。日本の輸入代理店が勤め先のロストアローというのも感慨深い。

今回、記事を執筆するにあたり改めて発信することの意義と重みを実感しました。
三ヶ月に及んだ文献調査と執筆作業には何度か心折れそうになりましたが(モアイ開拓の時のそれよりも多かったかもしれません)、それでも沢山の方のサポートのお陰で形にすることができました。
特に今回、執筆の話を持ち上げてくれた横山ジャンボさん、写真提供で大いにサポート頂いた萩原巨匠とPUMP内藤さん、自身の拙い英語力をカバーしてくれた直ちゃん。そして、唐突なFact Checkingの依頼にも快く応対して頂いた諸先輩クライマーの皆さんと、このような機会を与えてくれたAlpinist誌には感謝しきれません。
発信することによって個々のクライミングシーンに興味を持つ人が一人でも増え、異文化の交流が生まれる。
互いの思想の違いや歴史の違いからの衝突も生まれるだろうけど、そんな文化発展のあり方が素敵だと思うし、その先にあるものはきっと素晴らしいものだと思う。

今回の記事もそんな文化形成の一助になれば良いなと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿