2016/12/22

Be Cool

先週末は久々に瑞牆トラッドへ。
先輩クライマーK山さんがハードトラッドをトライするというので同行してきました。
トライしたルートは室井さん不動沢R/Xシリーズの1つ「眩暈のする散歩 5.13b R/X
今回はグランドアップ、試登無しのスタイルで。




実はXグレードの付くトラッドをグランドアップでトライするのは初めて。
今回は2度トライし、いずれも核心に入る手前の一歩が踏み出せず敗退という結果でしたが(そこで落ちても結構痛い目にあう)ノーマットともハイボルダーとも違う感触に不思議と満たされています。
RXのルートをグランドアップでトライするというのは葛藤する時間も質もより深いものになるということ、そしてスタイルを貫く困難を身を以って実感出来ました。
(ちなみにイギリスではトップロープトライを行った時点でトラッドとみなされないEthicもあるらしい...)

とはいえ今の自分にとってはまだまだ挑戦ではなく無謀という言葉の方がしっくりきてしまうし、次のトライがいつになるのかという自問への自答はすぐには出来ない。
でも次回もこのスタイルを貫いて完登したい。
いずれもっと強くなってリベンジしよう。
Trad、深いです。
・・・・・・・・・・・・・・

In last weekend, I tried R/X traditional route "Dizzy Walk 5.13b R/X" , from the ground, in Mizugaki.
Actually, to keep trying kind of X routes on this style is the my first experiences.
But, it is too tough for me… 
I think it is just a recklessness, not a challenge yet.
Anyway, sometimes, I have to be back to try same style.
In order to be coolest climber than other one.
Traditional climbing is so rad...




"Scary runout & great fall. Kouyama on Dizzy Walk 5.13- R/X." 

from @hagi_satoru

0 件のコメント:

コメントを投稿