2017/03/26

SOLO


昨日は自身の新たな挑戦として湯川の白髪鬼(5.13d R)のロープソロクライミングをしてきました。
スタイルは初めはグランドアップでトップまで登り、その後はトップロープソロでリハーサル。今回は完登には至れませんでしたが射程圏内には入ってきた感触でした。
まだまだシステム的にも完成しきってないし、腹は括れていませんが、Fabi君の衝撃的な映像に感化されいてもたってもいられずのトライでした。
世界のクライミングはどんどん進化している中、灯台下ではオリンピックにばかり翻弄されているように見えてしまってなんだかなぁとも思う今日この頃。

そして、そんな刺激的な昨日とは一転して今日は色々と煩わしいやりとりがあり、総じて言うとただただ悲しさと落胆が残るつまらない一日だった。
今のクライミング界ではメッセージを込めるための動画という手段が、単に評価を得るための目的になり、その完登の裏にあった誰にも語ることの無い心血を削った時間と厳しい寒さの中耐え凌いだ熱い思いは無下に扱われてしまうようだ。
なんてバカらしいのだろう。
自身の想像の域でしか物事を捉えられないことは、自分の実力不足を露呈しているような恥ずかしい発言でしかないと思うし、礼節に欠けると思う。
動画を撮ることも、オリンピック化にも決して全否定する立場では無いが、なんだかその方向性に疑問が残るのは私だけだろうか。

Fabi君の衝撃的な映像

0 件のコメント:

コメントを投稿