2017/04/26

燈明 -The votive light-

-灯明の岩-

元禄十五年、前年の大火で焼失した善光寺本堂再建のため、南佐久各地から木材が伐り出され、南牧村海尻から伐り出された木は、湯川渓谷を経て千曲川へと運ばれました。
その木は現在も柱となり善光寺 本堂にあります。 
ある日、夕暮れに及んだ作業に難儀していると、渓谷の岩の一つが灯をともしたように明るくなり、人々の作業を助けました。
以来その200m近い巨岩は灯明の岩と呼ばれるようになりました。

八ヶ岳海尻温泉 灯明の湯HPより


-白髪鬼と燈明-
燈明の登攀では白髪鬼のボルトアンカーは使用しておらず、前半パートで白髪鬼をほぼ100%登っているのでボルトの存在意義に関して悩んだがボルトはそのまま残すことにした。
そもそも自分もリハーサルで使っていたのと、白髪鬼というルートを知る内にそのボルトの打たれた経緯が妥協点としてのボルトでは無く、もともとの支点の風化や不安定性など踏まえた上で打たれたものであるということを知ったからだ。
もし、そのボルトを撤去したとしたら白髪鬼というルートは死んでしまうだろう。
しかし将来、初見から完登における全プロセスでそのボルトを一切使わずに登るクライマーが現れた時には撤去に関しての議論がなされても良いのかもしれない。

グレード、スタイル、課題として定義されたライン
クライミングにおいて我々が定義付けるそれら全ては、何某かの目的を達成するための単なる手段としてそれ以上でもそれ以下でも無くそこに在る。
無謀と冒険、理想と妥協、そして手段と目的の境界を見極めるクライミングは辛く苦しい。
しかし、その選択を悩み、考え続けることで拓ける見地もあることを実践によって理解できた今回の登攀は、自身にとって大きな意義を持った。

仏教において無明を照らす智慧の光。神仏に供える灯火として供養の一つとされる燈明。
そのスタイルとラインを悩み抜いた末に繋がった、岩の上まで続く一閃のクラック。
その一閃が導く岩のラインを、燈明-The votive light-と名付けました。

Photo : Satoru Hagihara

*****

-The article of "The Votive Light" in Alpinist.com

0 件のコメント:

コメントを投稿