2017/06/19

Seminar of JMA


日本山岳協会主催の海外登山技術研究会に講師としてお招き頂き、お話しさせて頂く機会を頂きました。
「新しいアルパインクライミングの可能性」という主題の中での講演ということで正直結構ビビっているんですが、アルパインも、トラッドも、マルチも、ボルダリングだって登山という大海原の体系の1つだと思います。
そんな視点から、私の講演ではこれまでに自身が行ってきたボルダリングからビッグウォールまでのそれぞれのクライミングを振り返ってみて、個々の持つ困難さの”質”について考察してみようと思いますのでこれからの登山のヒントが得られるような講演になれば嬉しいです。
他にも先輩クライマーの方たちの高所登山や大西さんの称名廊下のお話しなど、盛り沢山です。
梅雨のこの時期雨、お時間ある方は是非!


Let me introduce a lecture meeting, like seminar for climber and mountaineer.
This event is organized Japan Mountaineering Association and will be held 22 to 23 in July.
In my turn, 23, I will speak about my idea of hard trad climbing that is based on my experiences of recently trad climbing ascent.
So I hope it would be good conversation for exchanging each ideas about development of free climbing in our country.

0 件のコメント:

コメントを投稿